ドラマ トレース キャストやあらすじ!船越英一郎出演の科捜研サスペンス!

錦戸亮さんが月9で初主演となる「トレース~科捜研の男~」

原作は人気漫画の「トレース~科捜研法医研究員の追想~」累計40万部を突破していて、かなり有名な漫画みたいですが、私は読んだことがなかったので、かなり楽しみです。

月9といえば、コテコテの恋愛ドラマをイメージするのですが、2018年秋ドラマでは海外ドラマをリメイクしたリーガルドラマを放送したりと、最近月9のイメージが変わりつつありますね。

ドラマのタイトルを読んで最初に思ったのが、「科捜研の女」のタイトルをパクった?

公式サイトで錦戸さんは

「大丈夫なんですか?(笑)」

とコメントしているように、これはネットで話題になりそうですよね。

「トレース~科捜研の男~」のあらすじ紹介

錦戸 亮さんが演じる真野礼二は、ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員。

 

鑑定結果こそが真実――他の研究員とは一線を画し、いつも冷静沈着。主観や憶測を排除し、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じ、刑事であろうと容赦なく反論、闇に葬りさられようとしている真実の欠片(かけら)を見つけ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしていきます。

 

また新木優子さんが演じるのは、何の目的もなく科捜研の世界へと足を踏み入れてしまい、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることになる一方で、被害者や残された遺族に感情移入していく科捜研新人法医研究員・沢口ノンナ。真実を追い求めるあまり“暴走”する真野に巻き込まれて結局は手伝わされるはめになり……。

 

真野とは全く逆で、長年の刑事の勘を頼りに事件を捜査し、犯人を逮捕することに情熱を注いでいるベテラン刑事・虎丸良平を演じるのは、“サスペンスの帝王”船越英一郎さん。意外にも「月9」は初出演となります。

 

所轄から警視庁捜査一課へ異動した叩き上げ刑事で、所轄時代からの現場魂が今も抜けず、上司やまわりの意見を聞き入れない独善的な捜査をします。部下や科捜研の真野らにきつく当たりますが、根底には真野と同様、被害者のことを思う人情もあります。

 

そんな虎丸は真野が事件に隠されている真実を求め奮闘する姿を見て心が動かされていき……。

 

真野と向き合うふたりキャラクターの思い、そしてひとつひとつの事件解決までのストロークはまさにジェットコースターのように緊張感たっぷり。年齢も経歴もばらばらの異色トリオが難事件に向き合う姿を1話完結で魅せます!

 

引用:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/introduction/index.html

 

どうですか? あらすじ読んだだけでも「面白そう!」って思いますよね。

なんといってもサスペンスの帝王・船越英一郎さんが出演するんです。

 

まさか船越さんが月9に出演するなんて思ってもみなかったので、本当に楽しみです。

 

1話完結という設定もいいですよね。 連ドラは、かならず来週も見てもらえるようにちょうどいいところで話が終わると、1週間モヤモヤするので、1話完結ものがあると、1時間後にはスカッとできるので大歓迎!

 

実際に起きた事件や経験をベースにしているということなので、かなりリアリティーを追及しているんでしょうな。

錦戸亮さんは個人的に、表向きはクールだけど、心の中では熱いものがある!というイメージなので、今回の役はイメージぴったりです

 

トレース~科捜研の男~ キャスト紹介

 

錦戸 亮・・・真野礼二役

錦戸 亮さんが演じる真野礼二は、

ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員。

鑑定結果こそが真実――他の研究員とは一線を画し、いつも冷静沈着。主観や憶測を排除し、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じ、刑事であろうと容赦なく反論、闇に葬りさられようとしている真実の欠片(かけら)を見つけ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしていきます。

引用:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/introduction/index.html

 

錦戸亮プロフィール

生年月日:1984年11月3日(34歳)
出身:大阪府 門真市
身長:170cm
血液型 :O型

 

月9初主演となる錦戸さんと、船越英一郎さんがどんな絡みを見せるのか楽しみですね。

勝手なイメージですが、錦戸さんは、心に傷を負った役がピッタリと思っているので、今回のドラマはハマり役!

 

新木優子・・・沢口ノンナ役

新木優子さん演じる沢口ノンナは、

何の目的もなく科捜研の世界へと足を踏み入れてしまい、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることになる一方で、被害者や残された遺族に感情移入していく科捜研新人法医研究員

引用:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/introduction/index.html

 

まさかの月9連投となった新木さん。役名の「沢口」が、「科捜研の女」の沢口靖子さんをイメージさせるので、正直ちょっと頭がこんがらがってしまう。

もしかして沢口さんに気を使った?

それにしても新木さんは大人気ですね。月9連投なんて滅多にないので、同世代からの注目度が高いんでしょうね。

実は、前作のスーツは、海外ドラマのリメイクで、原作ファンの私は、月9のスーツを見てないんです・・・・

それと、偶然にも新木さんが出演しているドラマは一度も見たことがないので、やっと新木さんが出演するドラマを見ることができそうです。

 

船越英一郎・・・虎丸良平役

船越英一郎さん演じる虎丸良平役は、

所轄から警視庁捜査一課へ異動した叩き上げ刑事で、所轄時代からの現場魂が今も抜けず、上司やまわりの意見を聞き入れない独善的な捜査をします。

 

部下や科捜研の真野らにきつく当たりますが、根底には真野と同様、被害者のことを思う人情もあります。

 

引用:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/introduction/index.html

まさかの月9に出演するサスペンスの帝王・船越英一郎さん。

船越さんの名前を見たときに、真っ先に頭に浮かんだのが「崖」

船越英一郎さんといえば「崖」ですよね。やっぱりこのドラマでも犯人は「崖」に追いつめられるのか?気になります!

 

トレース~科捜研の男~ 原作は?

原作は人気コミックの「トレース~科捜研法医研究員の追想~」

原作者の古賀 慶氏は、なんと実際に、科捜研で働いた経験があり、科捜研で経験したことを活かした描写はめちゃくちゃリアルなんだとか。

リアルというのは、事件現場や鑑定技術に目がいきがちですが、職員が雑談をする場面や日常の簡単な作業内容にもその経験を活かしているそうです。

元科捜研の研究員という肩書を持った漫画家っていうのも相当めずらしいですよね。

なぜ科捜研の研究員から漫画家になったのか、そっちの理由も気になります。

 

錦戸亮さんの出演作品紹介コーナー!

錦戸亮さんが過去に出演した作品を1つ取り上げてご紹介します

今回ご紹介するのは、2008年の「ラストフレンズ」です。

 

放送されて10年経つのですが、私の中では、錦戸亮=ラストフレンズといえるほど印象深いドラマです。

 

ラストフレンズのあらすじ

 

現在、社会問題化しているDV(ドメスティックバイオレンス)やセックスレスなど、現代人が抱えるさまざまな問題を真正面からとらえ、恋に臆病だった若者たちが自分らしく前向きに生きていく姿をリアルに描いた青春ヒューマンストーリーで、死にたいぐらいに深い悩みを抱えた彼らが、ぬくもりを求めシェアハウスに住むことによって友情や人と人との関わりの大切さを学んでゆく。

引用:https://www.fujitv.co.jp/b_hp/lastfriends/

 

出演者一覧

藍田美知留(あいだみちる)・・・長澤まさみ

岸本瑠可(きしもとるか)・・・上野樹里

水島(みずしま)タケル(22)・・・瑛太

滝川(たきがわ)エリ(22)……水川あさみ

及川宗佑(おいかわそうすけ)(24)……錦戸 亮

 

ラストフレンズの感想

まとめ

トレース~科捜研の男~ あらすじやキャストについてまとめましたが、いかがだったでしょうか?

元科捜研の研究員だった漫画家が書いた本格科捜研サスペンス

サスペンスの帝王・船越英一郎が出演

新木優子が月9連投

と見どころ満載となっていて、放送日が待ち遠しいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!