初めて恋をした日に読む話のキャストやあらすじ・相関図!横浜流星がバカ高校の不良役!

2019年1月スタートの火曜ドラマ

『初めて恋した日に読む話』

人気漫画がついにドラマ化!

今回は『初めて恋した日に読む話』のキャストやあらすじ・相関図について
お伝えしていきます。

初めて恋をした日に読む話のあらすじ紹介

 

恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子(深田恭子)は、やる気も希望も何もなくクビ寸前な三流予備校で講師をする日々を送っていた。

 

そんな彼女のもとに突然、おバカ学校のピンクの髪をしたイケメン不良高校生・由利匡平(横浜流星)が「俺を東大に入れてくんない?」とやって来て――!?

 

名前を書けば入れるおバカ高校の生徒が東大合格なんて…ましてや東大受験に失敗した順子が人を東大に合格させるなんて…絶対に無理!

 

そんな中、東大出のエリート商社マンで幼馴染の従兄弟・八雲雅志(永山絢斗)が海外赴任から帰ってくるなり、順子に突然のプロポーズ!?

 

さらに匡平の高校の担任教師が、順子と同級生でかつて唯一順子に告白をしてきてくれた山下一真(中村倫也)で…。

 

順子の気付かぬところで恋のフラグが立っている!? 匡平の東大受験という転機を迎えて、人生を取り戻し、ドキドキでキュンキュンな驚きの出来事がいくつも待ち受けていようとは思いもせず・・・。

 

いちいち残念な32歳しくじり鈍感女子は、運命の恋に巡り会うことができるのか!?

 

引用:http://www.tbs.co.jp/hajikoi_tbs/#story

初めて恋をした日に読む話のキャスト紹介

深田恭子・・・春見 順子 役

永山絢斗・・・八雲 雅志 役

横浜流星・・・由利 匡平 役

中村倫也・・・山下 一真 役

 

初めて恋をした日に読む話 相関図

画像引用:http://www.tbs.co.jp/hajikoi_tbs/#chart

初めて恋をした日に読む話 ドラマ化の感想

 

深田恭子さん出演作品の紹介!

 

深田恭子さんの出演作品で好きなのが「下妻物語」です。

かわいい顔して性格がひねくれてて、衝撃をうけました

 

下妻物語のあらすじ

茨城県の下妻市に住む竜ヶ崎桃子は、ロリータ・ファッションをこよなく愛する孤高の高校生である。もう一人の主人公・白百合イチゴは、レディース(暴走族)の一員であり、桃子の父親の作ったベルサーチの偽物を買いに来たことをきっかけに、桃子の家に出入りするようになる。イチゴは、世話になった暴走族の総長・亜樹美の引退の際、代官山にいるらしい有名な伝説の刺繍家に「亜樹美さんありがとう」と書かれた特攻服を着て送り出したいと思い、資金を稼ぐために桃子を引き連れパチンコ屋に繰り出す。桃子は初めてのパチンコであったが、偶然連チャンし、易々と自分の服代とイチゴの刺繍のための資金を稼ぎ出す。イチゴは代官山に詳しい桃子を伴い伝説の刺繍家を探しに行くが、その刺繍家を見つけることはできず、イチゴは深く落ち込む。見かねた桃子は自分が刺繍を請け負うと約束。不眠不休で刺繍をし、見事な刺繍入りの特攻服が仕上がった。その出来栄えの素晴らしさにイチゴは感動を覚え、感謝を伝えた。その言葉を聞いて桃子は今までに感じたことのない不思議な感覚を覚え、これをきっかけに、二人の間に友情が芽生え始める。

引用:ウィキペディア

 

出演者

竜ヶ崎桃子 – 深田恭子

白百合イチゴ – 土屋アンナ

桃子の父 – 宮迫博之(雨上がり決死隊)

桃子の母 – 篠原涼子

桃子の祖母 – 樹木希林

磯部明徳 – 岡田義徳

亜樹美 – 小池栄子

産婦人科医/一角獣の龍二 – 阿部サダヲ

八百屋 – 荒川良々

ミコ – 矢沢心

 

下妻物語の感想

竜ヶ崎桃子(深田恭子)語録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!