スキャンダル専門弁護士 QUEEN 1話・2話のネタバレと視聴率まとめ!

2019年1月10日(木)からスタートする「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」の1話・2話のネタバレや視聴率についてお伝えします。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 1話のあらすじ紹介

 

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)は、法廷ではなくスキャンダルやトラブルの裏側を主戦場に活躍する異色の弁護士であり、情報操作のプロ“スピン・ドクター”としてクライアントを窮地から救ってきた天才トラブルシューター。ミナトテレビの敏腕記者・東堂裕子(泉里香)から依頼されたセクハラ被害対応を無事終え、ようやく休みが取れると思ったのもつかの間、新たな案件が事務所に舞い込んで来る。

依頼に来たのはミナトテレビプロデューサーの深川章一(宇野祥平)。深川が担当する国民的アイドルグループ「フォレスト」の冠番組『フォレスタ』放送中に、パフォーマンス中のメンバー・白石杏里(馬場ふみか)が、歌うことをやめた同メンバーの赤江桃子(中村ゆりか)を突然突き飛ばしたのだ。これがネット上で大炎上。「フォレスト」の解散説や不仲説が流れ、ミナトテレビにも多数のクレームが殺到しているという。事態を収めるため、次回の番組収録時に「フォレスト」の謝罪会見を開こうと思った深川は、会見を円滑に行うため、氷見たちに協力を求めたのだ。そんな中、「杏里を殺す」という殺害予告がミナトテレビに届いてしまい・・・。

引用:https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/index.html?50786

 

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 1話のネタバレと視聴率!

スキャンダル専門弁護士QUEEN 1話が放送され次第ネタバレと視聴率をお届けします!

お楽しみに!

 

 

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 2話のあらすじ紹介

第2話で氷見(竹内結子)を訪ねてきたのは広告代理店に勤め、これまで国内外の著名な広告賞を受賞し、多数の大手クライアントを抱えるクリエイティブ・ディレクターの谷正輝。とある週刊誌に、谷が過去に契約社員の女性にセクハラをしていたという記事が掲載され、世論から集中砲火をあびることに。しかし谷本人は事実無根だと主張し、氷見たちに助けを求めます。氷見は、この時世、セクハラ問題は闘うのではなく、被害を訴えている女性と譲歩した方が良いと助言をするものの、「セクハラなど絶対になかった」と谷を含めた広告代理店サイドは一歩も譲らず、ひとまず状況を把握するため、広告代理店関係者、そして被害を訴えている藤瑠璃(成海璃子)に会って話を聞くことに。

瑠璃に会う手はずをつけた氷見。現れた瑠璃は、清楚(せいそ)で、どこか気が弱そうな雰囲気の女性で、週刊誌にネタを売り込みそうなイメージはどこにも感じられませんでした。氷見が瑠璃から当時のことを聞くと、深夜にも関わらず大量の仕事を明日の朝までにやれと谷から命令をされ、難色を示すと「体を使う仕事に変えてやろうか」と実際に体にも触られ、それでもクビにされるのが怖くて谷には何も言えなかったと語ります。

広告代理店を辞めた今、谷から受けた仕打ちを、このまま無かったことにはできない、と告発に踏み切ったという瑠璃。氷見は相応の金額は用意できることを匂わせますが、瑠璃は、ただ谷に謝って欲しいだけだとはねつけ・・・。
スキャンダルの裏側で複雑に絡まり合う、男女の思い。氷見の手がその糸を解いていくと、明らかになる驚がくの真実!ぜひご期待ください!

引用:https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/news/news_06.html

 

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 2話のネタバレと視聴率!

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN 2話が放送され次第ネタバレと視聴率をお届けします!

お楽しみに!

スキャンダル専門弁護士QUEENのキャスト紹介

竹内結子・・・氷見 江役

弁護士ながら専門は危機管理で、その主戦場は法廷ではなくスキャンダルの裏側。これまで社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた天才トラブルシューターであり、必要ならば嘘すら正義に変える凄腕のスピン・ドクターです。特に氷見には「危機にある女性の最後の砦」という信念があり、女性を救うためであれば手段を選ばず、どれほどの逆境であろうと覆すことを絶対に諦めません。

 

水川あさみ・・・与田 知恵役

氷見と同じく危機管理を専門にする弁護士で、氷見にとって右腕的な存在であり、女友達のような関係。冷静沈着かつ完膚なきまでに論理的で竹を割ったような性格ながら、一度怒りに火がつくと氷見でも止められない顔を持ち合わせる一方、たまに言葉の節々で恋愛至上主義者であることを匂わせます。

 

中川大志・・・藤枝 修二役

危機管理を専門にする駆け出しの弁護士・藤枝。端麗な容姿とアメリカでも最難関のロースクール出身という華やかな経歴を持つ一方、どこか抜けており、鈍くさいミスをすることもしばしば。それゆえ氷見たちから学歴詐称だとからかわれることも。しかし、困っている人を助けたいという思いは人一倍強く、氷見の仕事に圧倒されながらも懸命についていこうとします。

 

泉里香・・・藤堂裕子役

在京テレビ局のミナトテレビに勤める敏腕女性記者。上昇志向の塊で、何があっても最優先は真実を突き止め、スクープを取ること。

 

バカリズム・・・鈴木太郎役

氷見たちが勤める大手法律事務所の副所長である鈴木。父親が所長であり、生粋のお坊ちゃま。それゆえハングリー精神に乏しく、舞い込んできた仕事は基本的に氷見たちに丸投げし、「ブラック企業並みに休みがない」と氷見たちが抗議しようとどこ吹く風。それどころか依頼人からのクレームすらどこ吹く風で、しかし、それが時に氷見たちを守っているようにも見え、さらに氷見をハッとさせるような鋭い言葉を言い放つ場面も。

 

斉藤由貴・・・真野聖子役

氷見たちの法律事務所に事務員として勤めている真野。バツイチ子持ちで、何を考えているのか、喜怒哀楽をほとんど見せず、マイペースに事務作業をこなす一方、高度なハッキング技術を持ち、氷見から要望があればフェイクニュースを作り上げ、世間を混乱させることなどお手の物という謎多き事務員。さらに徐々に明かされる波瀾万丈な真野の過去は、スキャンダル慣れをした氷見たちも驚かすことに。

スキャンダル専門弁護士QUEEN 相関図

相関図はまだ発表されていません。発表され次第お伝えします。

 

スキャンダル専門弁護士QUEENの主題歌

主題歌はまだ発表されていません。発表され次第お伝えします。

 

スキャンダル専門弁護士 QUEEN キャストの出演作品紹介

 

竹内結子さん出演作品1 「ミス・シャーロック」

あらすじ
シャーロックホームズとジョン・ワトソン、世界で最も映像化されたキャラクター、この二人が現代の東京にいたら?日本人だったら?二人とも女性だったら?

出演者
竹内結子、貫地谷しほり、滝藤賢一、中村倫也、大谷亮平、斉藤由貴、伊藤蘭

ミス・シャーロックの感想まとめ

竹内結子さん出演作品2 「ランチの女王」

あらすじ

毎日のランチが生きがいのウェートレス・なつみは、ある日店の客・健一郎に強引に頼みごとをされる。健一郎は2年前にけんかをし実家の洋食屋を出たが、父が倒れて家に帰りたいから婚約者のふりをして一緒に行ってほしいというのだ。だが、なつみが店に行ってみると父の権造はピンピンしており、弟の勇二郎や純三郎は健一郎に腹を立てたりあきれたり。健一郎は2年前に店の修繕費用500万円を持ち逃げしていたのだった。

引用:https://thetv.jp/program/0000000439/

 

キャスト
竹内結子 妻夫木聡 伊東美咲 山下智久 山田孝之

 

ランチの女王 感想まとめ

 

竹内結子さん出演作品3 「A LIFE~愛しき人へ~」

あらすじ

外科医・沖田(木村拓哉)の生き方から「本当の医療とは何か?」を問うヒューマン・ラブストーリー。かつての親友の思惑により、居場所を奪われ、単身アメリカに渡った沖田が10年後、職人外科医として帰ってくる。愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く病院で、沖田は不器用ながらもいちずに患者と向き合う。
引用:https://thetv.jp/program/0000916175/

出演者
木村拓哉 竹内結子 松山ケンイチ 木村文乃 菜々緒 柄本明

「A LIFE~愛しき人へ~」の感想まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!